医院継承実例 14

多くの整形外科開業を支援してきた実績がある
クレアメディコは、医院継承に関わる調整と
適切な提案をしてくれました。

R2年4月開院 長岡市左近

さの整形外科クリニック

院長 佐野 敦樹 先生

地域の患者さんたちのためにも医院継承を決意

さの整形外科クリニック 待合 数年前、最初にクレアメディコから開業を打診された時は、本格的に考えてはいませんでした。当時、勤務医を続けようかどうか迷っていました。その後、クレアメディコから他の場所での新規開業を勧められましたが、さまざまな事情から実現しませんでした。

開業するなら、多少忙しくても開業医の不足している所でお役に立ちたいと考えていました。クレアメディコから「今井先生は継承者がいないなら医院を閉めるお考えです」と聞き、それではかかりつけの患者さんたちがお困りだろうと、継承を決意しました。

クレアメディコは最初から丁寧に接してくれましたし、定期的にコミュニケーションをとっていたので、開業するのであればお願いしようと思っていました。私も知っている多くの整形外科医院の開業を支援してきた実績もありましたし、全く不安はありませんでしたね。

継承までの業者手配や見積もり依頼、スケジュール調整もすべて

さの整形外科クリニック 診療室 継承するにあたっては、あらゆる些細な事までクレアメディコに相談にのってもらいました。県外の病院に勤務しておりましたので、継承の手続き関連は帰省した週末に集中してやらなければなりませんでしたが、新しく採用するスタッフの面接や既存スタッフとの顔合わせ、リニューアルする設備工事の業者手配や見積もり依頼、打ち合わせなどのスケジュール調整を含め、全ての段取りをクレアメディコにしてもらいました。

開業初期費用が抑えられ、スタッフと患者さんを引き継げるメリット

さの整形外科クリニック リハビリ 継承するにあたって新しく電子カルテを導入し、理学療法士によるスポーツリハビリテーションを開始します。整形外科医として特に脊椎領域の診断と慢性疼痛の治療でお役に立てるものと自負しております。骨密度検査も最新の機器を導入し、「今井整形外科クリニック」をかかりつけ医院にされてきた住民のみなさまに引き続き良質な医療を提供し、地域全体の健康維持への寄与に努めてまいります。開業医としては新人になりますが、目の前で困っておられる方にとって何が最善かを常に考え、スタッフ共々成長していきたいです。

医院継承のメリットは開業の初期費用が抑えられることと、ベテランのスタッフと既存患者さんを引き継げること。継承手続きも、その後のアフターケアもしてくれるクレアメディコには大変感謝しています。

開業支援について、より詳しくご覧いただけます。

クレアメディコの特徴

クレアメディコの特長や開業までの流れ・その後などを詳しくご紹介しています。

医院継承

開業の一つの選択肢である「医院継承」について、詳しくご紹介しています。